L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

簡潔な文章を心がけていますか?

作家によって作風というのは、それぞれ千差万別なので、これが絶対というわけではないですが
読みやすさ、理解しやすさを追求してゆくと、やっぱり簡潔な表現の文章がいいですよね。

難解な文章やクセのある文章も通好みなところもあるのですが、万人受けはしません。
特に若年者を対象としているライトノベルならなおさらです。

しかしながら、簡潔な文章はシンプルすぎてしまうきらいがあり、作家の個性をだしにくいため
それでも作家性を感じさせる文章を書くというのは、とても難しかったりします。
また状況説明など情報不足になりがちだったり、情感を伝えにくかったりもしますので
実は難しい文章をネチネチこねくりまわすよりも、さらっとした文章を書くほうが技術が必要となります。

ただし初心者の中には、これを誤解してしてしまっているのかどうかわからないのですが
まるで中二病的な単語をちりばめてみましたといった散文詩のような文章を書く人も結構いるんですね。
それで意味が通じればいいのですが、たいてい作者が何を言いたいか半分も伝わらないんですよ……
これだと現代小説とはなかなか認められませんので、小説の革新を目指しているのでなければやめるべきでしょう。

さて、あなたの文章の特性はどんなものか、客観的に考えたことはありますか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/818-333ba9f7

HOME
広告: