L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読者を寝不足にさせるストーリーの秘訣

物語の先が気になって、ついつい夜遅くまで読みふけってしまい寝不足になってしまったなんて経験ありませんか?
読書好きなら一度ならず経験したことがあることかと思います。

では、そういう作品って、どうやったら書けるのかということを考えたことはありますか?
単にハラハラドキドキする展開にすればいいというわけじゃないんですよね。
今回はそのことについて書いていこうと思います。

まず必要なのは物語の結末であるゴールが見えているかどうかです。
その代表例が推理小説ですよね。
ジャンルとして不可解な(殺人)事件は探偵や刑事によって解決されることが決まっているわけですから。
なんといっても娯楽小説のなかでは推理小説がもっとも人気あるジャンルだったりしますからね。
つまり読者は結果のわからない、予想できない作品にはあまり興味が持てないんですね。

じゃあ、何に興味を持つかというと「過程」なんですよね。
読者にとって結末はだいたいどうなるかわかっているけど過程がわからない状態がよいのです。
物語のスタート地点や途中のチェックポイントにおいてハードルがいくつもあるわけです。
そのハードルはゴールに至るのに乗り越えなくてはいけない障害となっています。
そしてこのハードルがゴールに辿りつけないほど高ければ高いほど、
読者は主人公がどうやってこのハードルを乗り越えるのか興味をいだくんですね。

だからこそ、冒頭ないし途中にあるハードルがいかに高く乗り越えるのが困難なのかを示すためにも
あらかじめゴール地点を示しておく必要が出てくるわけです。
そして、そのギャップが大きければ大きいほど、読者はどんな展開になるのかと期待するわけです。

ですから密室トリックなんていうのは、その典型例ですよね。
絶対にありえない密室での殺人事件という難題を前にいかに主人公が乗り越えて謎を解くか。
そこに読者はハマってしまうからこそ、今まで無数に存在する展開なのに人気があるわけです。
もちろん推理小説じゃなくても成立する話です。
恋愛小説だってふたりの間に障害が大きいほど盛りあがりますよね。

ですから読者を惹きつける仕組みは意外と簡単なんですよ。
しかしどうハードルを乗り越えるかという展開や演出が難しいんですよね。
このポイントこそ作家としての腕の見せどころとなりますので凡庸なストーリーでは読者は納得しません。

あなたの作品では序盤の段階でゴールが示され、その途中にいくつかの高いハードルが用意されていますか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/846-d166024d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。