L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

書けない人に欠けているものとは?

小説が書きたいと思っているのに、なかなか作品としての小説が書けないという人も多いと思います。
なぜ書けないのかというと、いろいろと理由はあるでしょうが今回は特に根本的な理由について述べてみます。

そもそも作品が書けなくて困っているという人は「カッコつけてる」場合が多いですね。
小説を書くにも自分を美化したり正当化したりしてる作者はまず作品が書けません。
かけてもひどくつまらないものとなっています。これはほぼ確実です。

なぜなら小説というのは作者の「体験」と「妄想」を入り交えて練り上げるものだからです。
ですから作者のあけすけな表現がなければ成立し得ません。
カッコつけた作者の書く小説というのは、就活のための履歴書やエントリーシートのような
まじめくさったものと似たようなものですからね。こんな作品がおもしろいわけありませんよね?
第三者が読んでおもしろいと思うのは暴露話だったり恥ずかしい体験談だったりするわけです。
だからこそ作者は自分の情けない過去や恥ずかしい性癖でも自分を切り売りする覚悟ができなければ
他人が読んで面白いと思わせる作品なんて書けないんです。

情けない主人公であれば、いかに情けないのかを作者の実体験を投影して書くことになるでしょう。
かわいいヒロインにしても、どうかわいいのかは作者の理想や性癖などに依存することになります。
まったくのフィクションとして作品を書くなんて不可能なんです。
だから作者だけがカッコつけて、客観的な立場をとりつつ作品を描くなんてできませんし、
もし書いたところで読者の共感を得るほどにはない薄っぺらい作品になってしまうでしょう。

たとえば、ある作者の描くヒロイン像が小学生あるいは小学生みたいな背格好だったりするのは
その作者が性癖として少なからずロリコン気質があるからこそ書けるわけです。
まったくロリコン気質がないのにロリコンの読者が共感できるロリータなヒロインなんて
なかなか描けるものではありません。もしそのケがないのに書いても読者にはウケないでしょうね。
(男性作家がBL要素を故意に盛りこんでも女性読者に見透かされて無視されてしまうのと同じです)
つまりこの作者は自らロリコンであることを作品を通して世間に公言しているわけですよ。

もしも書きたいものがあるのになかなか書けないという人で、文章技術以外に問題があるなら
おそらく恥ずかしさから自分を丸裸にできないがゆえに、自らいろいろな規制を設けて自縛自縄になってしまい
書きたいものをそのまま書けずに悩んでいる可能性が高いですね。

自らのつらい失恋だったり、学校の教室でおもらしした過去、あるいは30を過ぎても童貞でいる境遇など
そういう人には絶対に語りたくないことほど、読者は興味を抱くことになることを自覚しましょう。
そして作家はそういう自らの体験や性癖、妄想などを作中人物を通して巧妙に他人事として語らせるのです。
それができないようでは、まずプロ作家の道は遠のくばかりでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/847-652b616a

HOME
広告: