L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多角的な視点を持って物語を紡いでいますか?

当然のことですが、物語というのは見る者の視点によって、まるっきりちがう様相を呈するものですよね。
実は真実はひとつでも、それを見るものには千変万化するものであり、普遍的なことなどひとつもありません。

作者としては、登場人物それぞれになりきって、そのキャラの視点でものを考え、話させたり行動させたりします。
とはいえ、どうしても主人公はなんとか大丈夫だけど、脇役のことはあまり考えなかったりするものです。
実際には主人公の視点さえあやふやな人も多いですけどね。

ここでひとつの事例を出してみましょう。
現在、中東のシリアでは内乱が今も続いていることは知っていますか?
そんなこと知らないし、そもそもシリアってどこになるのという人は
作家になりたければ少なくとも一般常識として知っておいたほうがいいですよ。
ここでは、なんとなく知っていることを前提に書いておきます。

まず日本ではどのように報道されているのかを考えてみましょうか。

北アフリカに端を発したジャスミン革命が小アジアのシリアにまで波及し
独裁者アサド大統領に民衆が民主化デモを行うと、大統領はデモ隊を銃撃するなどして鎮圧した。
欧米の支持を受けた反大統領組織がシリアを民主化すべく大統領一派と戦っている。
この内線は泥沼化しつつあり、民衆の虐殺など多くの悲劇が起きている。


だいたい多くの日本人のイメージというのは、こんなものでしょう。
たしかに事実としてはまちがっていません。
しかし立場を変えて考えるとどうでしょうか?

中東では珍しく公平な選挙制のシリアにおいてアサド大統領の支持率は55%もある。
大統領はデモの初期の多くの譲歩を行ったが、反政府組織は納得しなかった。
外国勢力が反政府組織に武器供与や資金援助するのは、自国に有利な傀儡政権を作りたいから。
反政府組織内にはイスラム系テロ組織アルカイダのメンバーが数多く参戦している。
確認されている虐殺事件の被害者は親大統領派の人たちが大多数を占めている。


さてさて、以上のこともこれもまた事実なわけですが日本ではほとんど無視されているわけですよね。
立場が変われば、その見方はまったく正反対とさえ思えてくるわけですよ。
マスコミというのは何らかの目的を持って恣意的に情報を操作するのが普通ですから
そういうことを折りこんで、その真偽や正確性を自ら判断しないと行けないわけですね。

もし大統領派の人の目線でこのシリア内戦を描くとしたらどうなるでしょうか?
また反政府組織の人の目線で描くとどう変わってしまうでしょうか?
双方それぞれの正義があり、戦う目的があるでしょう。
そういった複雑な世界でも小説では読者にわかりやすく書くことが求められています。
だから作家としては、社会の裏側のことについてや人間の裏の顔についても深く理解していると
作品を書くうえで相当有利になることは、ここでいちいち説明しなくてもわかりますよね。

余談ではありますが、ちょっと前まで絶賛されていたジャスミン革命についてですが
革命の余波で政権が打倒された全ての国は大混乱に陥り、部族間抗争や宗教対立が激化しただけで
民主化どころか政府がまったく機能しなくなってしまい、権力争いでどこもかしこも内戦が頻発してますよね。
しかも全アフリカの実力者であったリビアのカダフィ大佐を殺してしまったことで
今やリビアだけでなく中央アフリカが特に悲惨な状況になってしまったことをご存じでしょうか?
カダフィ氏は反米主義者でしたからアメリカ的には(日本においても)悪の独裁者とみなされていましたが
その一面、リビアの莫大なオイルマネーの大半を貧しいアフリカ諸国の発展のために費やしていたことや
そのカリスマ性でアフリカ全土をまとめあげることで、部族間抗争や宗教対立を抑制していたことは
あまり知られていないというか、マスコミ的に隠されていた事実だったわけです。
そしてカダフィ氏がいなくなったことで、その影響がもろに出てアフリカが大混乱に陥ってしまい
かえって困ってしまっているのが反カダフィのアメリカなど欧米諸国というマヌケな構図になっています。

身近なところで、尖閣問題や竹島問題についても、日本の立場に立ってどうなのか
そして中韓の立場に立つとどういうことなのかなど、いろいろと考えてみるのもいいですね。
特に異世界ファンタジー系で「国」を扱うような作品を目指している人は必須ですよ。
この手の作品は女性向けに多いですが、女性はかなり苦手な分野であったりもするわけで
結局いつも安易に王位継承を巡る陰謀劇ばかりになってしまっている人も多いんじゃないですか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/850-5d0fd9e6

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。