L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

何が問題なのか見極める力をつけるには?

これは小説だけに限りませんが、何が自分の作品にとって欠けているのか、あるいは間違っているのか
ということを自覚することは本当に難しいことなんですよね。

なにせ正解というものがない分野ですから算数みたいに検算や逆算で正誤を判断するわけにもいきません。
最後までミスに気づかないことも多いわけです。

しかし、そのまま放置するわけにもいきません。
すべて完璧に問題点を発見することは不可能でしょうが、できる限り少なくし
さらに重大な問題点については漏らさないようにしたいものですよね。

小説創作においては、まず基本を押さえることがもっとも重要です。
そして基本とそれ以外をしっかりと見極める力を持つことです。
基本に沿っている部分については、そこに重大な間違いはないはずです。
そして基本からはずしている部分についてについて重点的に点検すると効率的です。

まずなぜ基本からはずれているかですね。
敢えてオリジナリティをだすために基本からずらしているのか、それとも不可抗力ではずしてしまったのか?
さらに故意にはずしたとして、その狙いはどこにあり、それは狙いどおりの効果を発揮しているのか?
そこのところをよくよく見極めてみるといいでしょう。

なんだかんだいって伝統芸能や武道と同じく「型」が重要なんですね。
まだ型をしっかりと学びとっていない人は、まずはそこからはじめてみるのがよいでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/862-64e7a51b

HOME
広告: