L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作の基本を叩き込むにはどうすればいいのか?

ちゃんとした小説作品を安定して書くためには、なんといっても基本が大事です。
そのためにどうすればいいのかというと、あまり語られないので今回は端的に書いていこうと思います。

まずセンスやその場のノリだけ執筆するのではなく、基本を身につける練習をしましょう。
とはいえ、これは勉強して学ぶものというよりも反復練習して身につくタイプのものだったりします。

だからこそ、とにかく小説なり映画なり漫画でもいいのでストーリーのある作品に多く触れましょう。
それも単にたのしいとか、おもしろいとかで流すだけでなく、どうたのしいのか、どうおもしろいのか
そういうところをよくよく考えてみることがたいせつです。

より多くの作品に触れてゆくと、よい作品にもわるい作品にも類似した傾向が見えてくるはずです。
この共通項こそが「創作の基本」なのですね。
どうすればおもしろくなるのか、そしてどうしたらダメになってしまうのか、そのパターンがわかってきます。
わかってしまえば、あとはそれをまず模倣してみれば、とにかくそれなりの作品が書けます。

あとはオリジナリティをだすために基本にアレンジを加えてゆけばいいわけです。
しかし多くの人はオリジナリティをだそうとするけど、基本がなっていないので
独特ではあるけれどおもしろくない作品になってしまうんですよね。
とはいえ、それでもいいほうで、たいていは基本がなってないわけですからオリジナリティが何かもわからないため
結局はオリジナリティもないうえに退屈なストーリーになってしまうわけです。

ですから基本のパターンをぜひ体得しましょう。
注意すべきは基本を習得するのにも個人差があります。
一を聞いて十を知るように数十冊も読んでしまえば大局を理解できてしまう人もいますが
千冊読破してもたいしてわかってない人というのも残念ながらいるんですね。
ただし前者と後者のちがいは単にセンスや能力の問題だけでなく読む本によってもだいぶ左右されますよ。
良質かつ幅広い作品を読んだほうが効率はいいのは言うまでもありません。

とはいえ読書習慣はあなたにとって大きな武器となってくれるでしょう。
でもこのブログで何度も書いてるようにラノベしか読んでないなんていうのは逆効果ですよw
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/864-1a39683a

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。