L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

くだらないことに夢中になってますか?

小説などという酔狂なものを書こうというですから、それ自体が無駄の極みみたいなものです。
しかし、それだけに真面目にやっていればどうにかなるというものでもありません。
真面目にやるなら普通に働いたほうがマシなのは誰にでもわかります。

とかく芸人とか小説家とか人気商売は安定しない水物です。真面目とは相性が悪いのです。
そんなわけですから、その手のことをやってやろうというのはよっぽどの趣味人か阿呆です。
しかし阿呆では仕事になりませんから、趣味人ということにしましょう。

趣味人とはなんぞやというと、その本質はくだらない、役に立たない、無駄なことに夢中になれる人かと思うのです。
小説家志望なら小説を書くという行為自体に夢中になるのは至極当然としても、
それだけでは書くことだけが目的となってしまい、おもしろい作品に仕上がらないのではないでしょうか?
やっぱり物語なり内容なりも小説以外のところで趣味人であるほうがおもしろい作品になりやすいわけです。

興味をもって夢中になることはなんでもいいと思います。
それこそまったく役に立たないことのほうが新境地に達することができると思いますし。
しかし、ひたすら受動的になってしまうと、これは物書きには向きません。
クリエイターであるからには、常に疑問を持つべきです。
そしてその疑問の答えをできるかぎり調査したり思索する必要があります。

たとえば、ある物に関心を持ち、それをコレクションするようになったとしましょう。
夢中になるのはいいことですが、ただ集めるだけでは、そこから拡がりがありません。
その集めているものの起源や成り立ち、どうしてそういう色や形をしているのか、どこでどういうふうに作られているのか
人との関わり合いや時代におよぼした影響はどうだったのかなど、調べてみればおもしろそうなことが山ほどあるはずです。
これらをおもしろそうと思えないのであれば、そして実際に調べたり考えたりした経験がないのであれば
それは大多数を占める消費タイプであって、物書きになれる創造発信型タイプではないということになります。

世の中はネットによって誰もが気軽に情報を発信できるようになりましたが
実際にどんなつまらないことでも(掲示板の書きこみでさえ)発信している人は非常に限られています。
下手に情報化社会になってしまっているので、ネットで検索すればたいていのことが苦労せずにわかります。
昔のように関連資料や文献を渉猟したり、足を使って実地調査なんてことはしなくて済んでしまいます。
それだけに情報を気軽に消費することで、真の意味での研究調査、試行錯誤をしなくなってしまったんですね。

このような安易に答えが見つかってしまうようになってしまった昨今の状況では、
全体として敷居が低くなったといえますが、深く追求する意欲を削いでしまっているのが今の状況でしょう。
そんな中で、どうでもいいことに夢中になってしまえるということが、学者やクリエイターに向いているわけです。

あなたにとって夢中になっているものはなんでしょう?
そして、それは安易な消費だけに留まっていないですか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/879-23e354e8

HOME
広告: