L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品に自分の夢を投影していますか?

作品を単におもしろくしようとか考えていても、なかなかうまくいくものではありません。
いかに魅力的なストーリーやキャラクターであってもです。
なぜなら作品に魂がこもっていないからです。

あなたの作品に魂をこめられるのは創造主である、あなただけです。
ヤハウェが土くれのアダムの体に生命の息吹を吹きこんだように、あなたも自分の作品に魂をいれてください。
たぶん大半の読者には、その部分がどこにあるのかわからないまま終わるでしょう。
しかし、どこにあるのかわからなくとも、あるかないかの有無はわかるものです。
魂のある作品に人は心から共感してくれたり、感動してくれます。

そして、ここでいう魂とはなにかというと、作者の「夢」と置き換えてさしつかえないでしょう。
夜見るほうではなく、見果てぬほうの夢です。
作者であるあなたは作品を執筆することで、その作品においてあなたが目指す夢の片鱗を織りこむのです。
どんな夢なのか、わたしには他人事なのでわかりません。あなたの胸にある熱いものなのでしょう。
夢は人それぞれ別のかたちはしていても、その本質は同じものであることが多いでしょう。
だからこそ夢は千差万別でありながら、多くの人と共有できるのです。

あなたの夢はなんですか?
それはあなたの作品にひっそりと、それでいてしっかりと作中に根を張っているでしょうか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/909-00e4e52f

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。