L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童ポルノ法改正反対と一緒にしてほしいこと

児童ポルノ法改正(規制強化)に反対する人って精力的だなと感心してしまいます。
さかんにツイッターなんかで、改正法案がいかに危険かの啓蒙活動をやっているんですよね。

個人的には児ポ法については、あまり関心がありません。
そもそもリアルで18歳以下に興味はないし、特にアニメや漫画の二次元にもこだわりがないですしね。
実際に規制になっっても、そういうことになったんだなと思うくらいです。
かつて『アリスクラブ』がいつの間にか書店から消えていたりしたくらいの感覚なんじゃないかなと。
ちなみに『アリスクラブ』とは往年の少女ヌード雑誌で法規制により1999年廃刊。
日本人に面差しが似た東南アジア系の12歳前後くらいの少女がモデルになっていたと記憶しています。

そんな児ポ法改正に反対するなら、切実な現行法の規制にも等しく反対してほしいなと個人的には思うのです。
具体的に反対の声をあげて改正してほしいことが3つあります。

1つめはポルノのモザイク処理の撤廃
ネットだと海外サイトに直接つながるから国内で規制しても意味ないんですよね。
もう時代にそぐわないんだからやめてしまえと思うのです。

2つめは管理売春の合法化
ソープランドは実質的に管理売春だし、援助交際は直接売春で合法なわけですから
これも有名無実な法律になっているので、いっそ撤廃して売春があることを前提に
それに従事する女性あるいは男性を守るように規制したほうが懸命でしょう。
暴力団などの資金源にもなりにくくなりますしね。

3つめは乱交パーティーの合法化
現在、非営利の趣味の会として開催しても、公然わいせつ罪などで逮捕される事例があります。
個人の性癖なんだし、参加者以外に見せつけているわけでもないんだから、放っておいておいてほしいですよね。
昭和初期頃までは、農村なら村単位で市街なら商店街単位で半公式に年1、2度は乱交パーティーがあったわけですし。
「大人の遠足」とか名前だけでも楽しそうじゃないですかw

特に日本の伝統文化について、その性文化を残すという意味でも3つめの乱交パーティーは
夜這いともども語り継いでゆくべきものだと個人的には思ってるんですけどね。

明治時代から昭和初期までの乱交パーティーについて少し言及しておくと
基本的には村や商店街の青年会(おおむね15歳以上の独身男性)などが中心となって開催するもので
主に夏祭りの夜や忘年会などで行われていたらしいです。もちろんほぼ全員参加が基本です。
参加者は若者だけの場合もありますが、多くは男女とも既婚の中年世代が仕切っていたようです。
地域によっては若い男女の筆おろし会を兼ねるところも多かったようです。
また地域的には主に西日本の人口が多い村や町に多く、人口の少ない地域では夜這いのみ盛んでした。
方式としては、お寺の講堂などで宴会をしつつ、なし崩し的に入り乱れる方式と
後々カップリングについて恨みつらみが発生しやすいので、完全くじ引きで相手を選ぶ方式
あるいは主催者が事前にカップリングを決定する方式といろいろなケースがありました。
とはいえ筆おろし会を兼ねる場合は、童貞は中年女性が、生娘は中年男性が相手をすることが暗黙の了解でした。
また基本的には場所は同じくしても男女ペアでのみ行うもので、現在のように3人以上で行うことはなかったようですよ。

ということで熱心に児ポ法改正に反対する人には、以上のことも反対してもらえたらいいなと思ってます。
正直な話、児ポ法が改正されてしまっても以上の3つが解禁になれば、もっと楽しそうじゃないですか!
あなたも豊かな日本独自の性文化を堪能してください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/916-21e8864b

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。