L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【取扱注意】集中力を高めるクスリ

違法薬物に手をだすのはよくありませんが、合法的な薬物に頼るのはありだと思います。

執筆活動でどうしても作業効率があがらない、集中力に欠けてしかたがないときは
「カフェイン」の力を借りるのも手でしょう。

カフェインの効能はいまさら説明するまでもありませんよね?
コーヒーとか緑茶に多量に含まれている成分であり、栄養ドリンクにも添加されている化学物質です。

ただしお茶については同時に苦味成分のタンニンによってカフェインの体内への吸収が阻害されてしまうので
やはりドリンクとしてはコーヒーが最強でしょうね。
コーヒーの種類や煎れ方にもよりますが、1杯で100mgほど摂取することができます。
また栄養ドリンクも量こそコーヒーより少なめですがビタミンBによって効率よく吸収できるようになっています。

ですが欠点としては、コーヒーも栄養ドリンクも決して安くないという点です。
また好みにもよりますが、味や匂いがダメという人も少なくないでしょう。
私自身もコーヒーは嫌いではないですが、そんなに好きではないし
栄養ドリンクは定価で1本150円前後、ノンブランドの激安品でも50円はします。

もっと安価に、もっと手軽にカフェインを摂取できないかと思ったとき、見つけたのが錠剤です。
カフェインは錠剤としても売っているんですね。しかもかなり安いです。
国産品もありますが、アメリカのものだと1錠200mg含有のカフェイン錠剤が100錠で500円程度なんです。
つまりコーヒー2杯分、栄養ドリンク4本分のカフェインを約5円で摂取できるんですね。これはお得です!

ただし注意して欲しいのは、効果は個人差があります。
しかも多量の摂取は急性カフェイン中毒になりますし、死に至ることもあります。
Wikipediaによるとカフェイン中毒については下記のように書かれていました。

【急性中毒】
一般的な成人で1時間以内に 6.5 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は約半数が、
3時間以内に 17 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は 100 % の確率で急性症状を発症する。
後者の場合、重症になる確率が高い。ただしこの症状は一時的に起きるものであり、
麻薬や覚醒剤のように不可逆性ではない(後遺症をきたさない)。
カフェインが体内から分解・代謝され、効力を失えば症状は改善する。
ただし、神経圧迫による視覚異常や聴覚異常は確認されている。
カフェインを分解する酵素(CYP1A2やモノアミン酸化酵素)を阻害する薬物などと併用した場合、
カフェインの代謝が遅れ、症状が長引いたり悪化することがある。
また、200 mg/kg 以上摂取した場合は最悪、死に至る可能性がある。

【精神症状】
落ち着きがなくなる・緊張感・感覚過敏・多弁・不安・焦燥感・気分高揚・一時的な不眠症を生じる。
重症になると、精神錯乱・妄想・幻覚・幻聴・パニック発作・取り乱す・
衝動性などが現れ、酷いと自殺行為に及ぶ場合まである。
神経質な人やうつ病・不安障害・パニック障害などを患っている人は重症化しやすく、症状の悪化をきたしやすい。

【身体症状】
胃痛・胸痛・吐気・嘔吐などの消化器症状、心拍数の増加(時に不整脈)・
心筋収縮の促進・血流増大・動悸・呼吸が速くなる・頻尿など、循環器の症状。
また一時的な筋骨格の持久力増進・振戦・むずむず感を生じる。重症化すると、足がつるなどの痙攣を起こし、歩行が困難になる。
また、瞳孔拡大や顔が赤くなったり、頭痛を引き起こす。

【慢性中毒】
慢性中毒は常習的にカフェイン飲料やカフェイン製剤を摂取し続けた場合に起こる。250mg/day以上の摂取では、
焦燥感、神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、悪心、頻尿、頻脈などの症状が現れることがある。
100mg/day程度の摂取でも依存が起こることがある。
摂取を中断した場合の離脱症状としては頭痛が一般的であり、12~48時間以内に出現し、2~4日以内に消退する。
他の症状としては眠気、集中力の減退、疲労感、不安・抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、嘔気、
カフェイン摂取の渇望などがある。


使用については自分の体質などを考慮したうえで、適量を摂取してください。
平均的な体型の成人であれば200mg錠を一度に2錠飲むと、ほぼ確実に急性中毒になります。
もちろんコーヒーや栄養ドリンクの飲み過ぎでも急性中毒になるのは同じです。
缶コーヒー換算で3時間以内に6本も飲めば、それだけで急性中毒になってしまうでしょう。
缶コーヒー6本はちょっと現実味はないかもしれませんが、ファミレスのドリンクバーなんかだと
ついついコーヒーを飲み過ぎて、許容量を超えてしまうかもしれませんのでご注意を!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/931-94ef969d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。