L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【冬コミ3日目 西ま26a】サークラ同好会東京支部【会員募集】

以前にもとりあげました京都大学のサークルを母体とする「サークルクラシュ同好会」なわけですが
紆余曲折を経まして、このたび私、日昌晶が東京支部の代表を務めることになりました。

つきましてはメンバーも募集していますので「サークルクラッシュ」や「サークルクラッシャー」「サークラ」
あるいは「オタサーの姫」「ゲーセンクィーン」「粘着湯気女」などに興味があるという方は
ぜひ参加してみてもらえたらなと思っています。

活動内容としては基本的には研究をメインとしたいと考えています。
ちょうど関西本部が冬コミに当選して会誌第2号を頒布するのに便乗させてもらいまして
東京支部単独で小冊子を編集、刊行するのを目標にしたいと思っています。

少し前までは「東京支部」ではなく「関東支部」が存在していたのですが残念というか
理念通りというか同好会自体がサークルクラッシュしてしまいまして、再建されたのが東京支部です。
関東支部はどちらかというと、メンヘラなどサークラとして糾弾されやすいような行きどころのない人の
居場所といての機能が色濃くでていたので、どうしても崩壊しやすかったのですが
従来のこの機能は新関東支部に任せ、東京支部ではシンプルに研究したい人の集まりにします。
研究は主に「実地フィールドワーク」「聞き取り」「文献収集」の3つが軸となります。
要するに社会学的、民族学的なアプローチでサークルクラッシュ現象やサークラさんに接してゆきます。

とはいえ難しいことは考えず気軽に参加してもらっても大丈夫です。
コミケに作り手として参加してみたい、何か書いてみたいという人も大歓迎ですよ。

ツイッターなどを通して募集して現在までに3名ほどから参加したいという申し出をもらっていますが
もっと多くの人にサークラ研究について考えてほしいので、このブログでも募集してみました。

合言葉は「サークラ同好会でワンチャンあるよ!」です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/956-3a2829a0

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。