L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

最初のツンデレキャラに関する考察

少年向けラノベといえば「ツンデレ」美少女。
ツンデレキャラなくして現在のラノベは語れないほどに市民権を得た属性なわけですが
その元祖といえば、いったいどの作品のどんなキャラでしょうか?

調べてみると、手塚治虫の『リボンの騎士』(1953)のサファイア王女あたりが初出ではないかとありました。
天使チンクのいたずらにより女の体に男と女の両方の心をいれられ、しかも王位継承は男のみという掟により
ひとり娘のサファイアは幼い頃から王子として育てられたというのがサファイアの設定です。
基本的に男まさりな性格ですが、後半になると隣国のフランツ王子に対して女の子っぽいリアクションをとるので
ツンデレの元祖的なキャラとされているようですので、たしかに元祖だったでしょう。
しかしサファイアの設定はまだプロトタイプ的なものであり、今のツンデレとはまたちがっていて
どちらかというと”男にデレる”というより”乙女”なところを演出することに重点が置かれたものでした。

またサファイア以降の少年漫画やアニメに登場するキャラにおいてもヒロインというのは少女漫画系を除けば
ヒーローの添え物としての存在であり、主として委員長キャラかおてんばキャラの2通りの類型でしかなく
ツンデレ的シーンがないわけではないですが、それをウリにしているわけではなく、
どんなヒロインにも見られるお決まりのリアクションだったわけですね。

そうした流れに対して転機となったのらは『うる星やつら』(1978)のラムというキャラであり
主人公アタルに対して一方的に熱烈的に好意を寄せるというタイプが一世を風靡することになりました。
このときままだツンデレというわけではなく、人前でもどこでも常にデレていて
非常に嫉妬深いという性格も同時に持ち合わせていたんですね。
もちろん主人公以外は眼中にないので、他のキャラに対してはツン状態でありました。
『ストップ!! ひばりくん!』(1981)のヒロインである絶世の美少女だけど性別は男という大空ひばりもまた
もうひとりの主人公である坂本耕作に対して一方的な愛情を示すものの、男同士というタブーにより
それが引き起こす混乱とズレを笑いにしたりとラブコメとの親和性の高さが認められてゆきます。


これがふたりっきりになったときのみデレが発動するようになったキャラとして特筆すべきは
『めぞん一刻』(1980)の音無響子であり、『うる星やつら』と同じく高橋留美子作品でした。
設定的に未亡人と浪人生(後に大学生から社会人)という青年漫画であったため
現在のラノベのようにあからさまなシーンはなく、あくまで控えめなツンデレではありましたが
ツンデレを意識して全面に推しだしたキャラとしては、ここに完成されたといっていいでしょう。
そして『きまぐれオレンジ☆ロード』(1984)においてツンデレキャラは金字塔を打ち立てます。
週刊少年ジャンプ連載という最もメジャーな媒体において発表されたヒロインの名は鮎川まどか。
当時人気絶頂だったアイドル中森明菜をイメージして設定されたこのヒロインは
不良少女のレッテルを貼られているけれど実は心優しく繊細な美少女であり、
主人公の春日恭介(中学→高校)の前でだけ、その淋しい素顔を見せたり、艶っぽいシナ見せることで
男心をすくぐりドキドキさせるキャラとして未だに根強い人気があるようです。
ただのツンデレではなく同級生だけど大人っぽい色香を漂わせるお姉さん的キャラも持ち合わせていて
いまのラノベで主流なウブで純情なだけのツンデレキャラよりもキャラ設定に深みがあるんですよね。

これ以降も数々のツンデレキャラが産みだされてゆき、今のようにラノベやラブコメでは標準仕様となりましたが
反対に標準搭載属性になっただけに試行錯誤の結果、読者に最も心地よいステレオタイプがテンプレ化してしまい、
ツンデレ自体の設定にはあまり工夫が見られなくなり、オプションでキャラの特長を見せるようになってきたのが
ツンデレキャラの現状ではないかと考えています。
よってもうあらゆるタイプが出つくしていると思われているように思われているツンデレタイプですが
実はオプションの付け替えばかりが多くなっているので、根本的なところに工夫をこらせば
まだまだ個性的なツンデレキャラを創出する可能性があると思います。

もしあなたが少年向けラノベを書きたいのなら、ヒロインは必須ですし、そのほとんどはツンデレでしょう。
そのときあなたはどんな魅力ある斬新なツンデレを読者に提示できるでしょうか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/957-163bb0d2

HOME
広告: