L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

バカの認識を超えて

俗に言うバカな人との会話というのは本当に途方に暮れてしまうものです。
とにかく話が噛みあわないのですね。これではコミュニケーションがとれないなあと思うときが多々あります。
どうして話が噛みあわないのかというと、ちょっと説明は難しいのです。
特に難しい知識を前提とした話でなくても、どうもよく相手に伝わっていないようなんですよね。

たとえば「ゾウ」という動物がいます。
バカな人でも、たいていはゾウという動物を知っています。
しかし、それはゾウという名前でくくられる動物だけなんですね。
はたして「ゾウ」という動物は「鯨偶蹄目」に属し、奇蹄目のサイより同じ鯨偶蹄目のクジラに近い動物だとか
ゾウはゾウでもアジアゾウとアフリカゾウに大別するくらいは理解していても
アジアゾウにはインドゾウやスマトラゾウなど数種類いて、アフリカゾウにも近年になってDNA解析から
北アフリカに住むのはより小型の別種マルミミゾウとみなされてきているなんてことは知らないでしょうし
もしクジラのことや、マルミミゾウのことについて説明しても興味を持たないどころか
へたをすると「そんなことはどうでもいいではないか!」と怒りだしてしまうことがあります。

彼らの言い分では「ゾウはゾウであって、それ以外のなにものでもない。私がゾウと認識するものがゾウだ」
というような思考によるものではないかと思うわけです。
彼らの認識を超えるものについては、あえて知ろうとか理解しようということをするよりも
拒絶することで彼らの考える「ゾウ」のイメージを崩さないことを何よりも大事にするのでしょう。
彼らにとってゾウとクジラが近縁関係だとか、ゾウは十種類近くいるなんてことは、彼らのイメージにないのです。

こういうわけですから、わからないこと、知らないことについては先程のように怒って拒絶する場合もあれば
「私はバカだからわからないので」と卑下して拒絶するという人もいます。
しかし本人はちっとも自分がバカであるとは思っておらず、「私はバカだから」と言っとけば
うまいことやりすごすことのできることを知っている私は賢いんだとさえ思っている節があります。
「数学なんてわからなくたって生活に困らない」とか「外国に行かないから英語は必要ない」なんていうのも
同じタイプの言い訳と言っていいでしょうね。

よって、そういう手合と会話をするときには、実は彼らのイメージを壊さない範囲での話をしなくてはなりません。
しかし他人の知識の度合いを忖度して話すなんてことは、はっきり言って非常に困難なことですから
彼らの「知識量を超える」=「イメージを壊す」ような内容を含むと、とたんに拒絶反応されてしまうのです。
しかも安全策をとって過小評価して話すと、今度はこちらをもの知らずなやつだと見下した態度をとったり、
あるいは「俺をバカだと思ってバカにしやがって」なんて激昂されることになってしまいかねません。

ところが作家というものは読者として、そんなバカも相手にしなくてはなりません。
もちろん作者よりもずっと優秀な人間の相手もしなくてはならないことも多々あります。
バカと天才の両方を満足させるような作品を書くというのは至難の業でしょう。
とすれば、どこかで妥協して基準を設けなければいけません。
実は普段、作家は自分を基準にして作品を書いていますから、あまり気にすることはないかもしれませんが
ときどき自分の作風と自分の知識量とに大きな差がある場合があります。
まあ、ほとんどの場合、作家は自分の能力以上の作品を書けませんから、自ずと下方向ということになります。
たんにバカということではなく、児童文学やジュブナイルなどは子供相手ですから当然そうなりますし
本来であれば中高生相手のライトノベルも同様なわけです。

そういうわけですから意識して文章や表現、使用する漢字、説明などに工夫が必要になってきます。
ひらがなだらけの哲学書とか漢文調の絵本とか極端な例をだせば、いかに滑稽かはわかると思いますが
微妙なバランスを考えると実は非常に難しく、しかも上にも書いたとおりシビアな反応が返ってきます。

あなたは自分の作品をどういう人が読むことを全体と書いているのか意識していますか?
そしてあなたの想定する読者に最適化するような工夫として、どんなことを実践してますか?
関連記事

コメント

自分が気をつけていること

from リン
今回は、バカを相手にすることの難しさが前半で書かれてましたが、私も前半で書かれているような人間を相手にして、うんざりしたことが何度もありました。言い訳のときだけ自分はバカだからといい、でも普段は自分が偉いと思ってる。なかには頭のいい人にコネがあるから自分は頭がいいと思ってる人もいて、困ったものです。

実は、バカを含めて不特定多数を相手にしなくてはならないのは作家だけではありません。公開講座の講師もさまざまな年齢や経歴の人を相手に話さなくてはなりませんし、博物館の展示も、学習目的の小学生から研究者まで、さまざまな人が見ます。説明書きは小学生にも分かるように書かねばならず、展示は専門知識がある人も納得してもらえるものを作らねばなりません。大変な仕事です。
講義の場合、しっかりした講師は聴講生のことを「それぞれの専門分野では自分より詳しい人たちだ」という敬いの心がありますが、そうでない人もいます。生徒を見下してる講師には内心バカにして「知りたい知識さえ吸い取ったらお前なんか用はない」と軽蔑してました。

私は不特定多数の人々に読まれる可能性がある文章を書くときは、漢字は小学校6年間で習うもの以外はなるべく使わないようにして、どうしても使うときはルビをふります。確認用に小学校の学習指導要領を手の届く場所に置いておいて。小学5・6年生むけの本で漢字を使わずひらがなで書いてある言葉は、ひらがなで書きます。知識も中学校2年くらいまでに習わないようなものについては、なるべく説明を入れます。外国の地名など。これも少年少女向けの文庫などを参考にしています。ただ、医者や学者が主人公の場合は学問的な内容の説明をたくさん入れなくてはなりませんが。
最後に漢字について。私の見る限り、バカな人ほど機械で変換できる環境では難しい漢字を使いまくってる気がします。自分をかしこく見せたいのでしょうが、手書きでその字を書けるのか疑いたくなることが多いです。本当にかしこい人はあえて難しすぎる漢字は使わず、中学校までで習う漢字だけで表現すると思うのです。

かくいう私はどうかというと、自分はまだまだ勉強しなくてはならない、と思ってます。しかし自分を過信してる人や、本文の前半に書かれてるような人たちよりはずっと立派だと自負しています。

これからも楽しみにしています。

from
バカを見下し過ぎだろw バカとだってまともにコミュニケーションはとれるよ。 小難しい言葉で煙に巻いてるのはあんた達だろうに はなから相手にしてないんだよあんた達は

from
ふざけんな

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/959-ae980a3b

HOME
広告: