L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強するよりモテる努力をしようか

もしもこれを読んでいるあなたがまだ学生であるなら、いちおう人生の先輩からの忠告としてひとつ。
「学生の本分は勉強である」というのはタテマエです。
学生時代になにをすればいいのかというと、まずモテる努力を再優先してください。
「自分はブサイクだから」とか「オシャレに興味ないし」とかいって努力を怠り、落伍者にならないようにしてください。

正直、なにもしなくてもモテモテな人はいます。それは勉強しなくても勉強ができる人と同じく才能です。
凡人は天才にはかないません。なにしろ天才は努力を努力と思わないところが天才なのですから。
ですが唯一の救いは天才なんていうのは人口の数パーセントしかいません。
であれば、あなたに平均的な素養があればトップになれないかもしれませんが努力しだいで上位1割にはくいこめます。
これは勉強でもモテる技術でも変わりはありません。
もし平均より劣っていたとしても普通レベルには押し上げられるでしょう。

では、なぜ勉強よりモテる努力を優先すべきなのか? 理由は2つあります。
1つめは勉強ができないことよりモテないことのほうが、より大きなコンプレックスになってしまうこと。
2つめはモテとは人間的な魅力であり、魅力のある人のほうが学歴が高いことより成功しやすいこと。
顔がいいとかスタイルがいいとか先天的にモテる要素ではなく、後天的にモテる要素を持つ人は
異性だけでなく同性にも好かれます。そして人の上に立つときにはカリスマになるわけです。

モテない人たちの間では、モテようと努力することを往生際が悪いとかカッコ悪いとする風潮もありますが
それは抜け駆けを許さない牽制であって、モテようと努力することは悪いことでも恥ずかしいことでもありません。
だからといってまったく勉強をしないでモテる努力をしろというわけではないですよ。
できれば両立すべきであり、どちらかに重心をおくならばモテる努力に費やせということです。

あなたがイケメンでも美人でもない、どちらかというと逆サイドにいると自覚しているのなら
モテる努力を放棄することは、生涯にわたって大きなコンプレックスを抱えることを意味します。
ラノベ作家なのに、こんなことを言うのもなんですが二次元に逃避したところで癒せるものではありません。
そして後悔は若いうちは気にしないようにしていても歳を経るほどに大きくなってゆくでしょう。
ちなみに日本二大無差別大量殺人犯の根源的な犯行動機は「モテない」からだということをお忘れなく。
秋葉原通り魔事件しかり、『八つ墓村』の元ネタになった明治の津山三十人殺しもしかりです。
それほどのルサンチマンを抱えることになることを覚悟できるなら、モテる努力をしなくてもいいですが……
あなたにその覚悟はありますか?
関連記事

コメント

from リンデ
そういえば2011年のフジテレビデモの時に、ある主催者が彼女が出来たのを機に脱退していったことがありましたね。
やはり身近な幸せがあれば、社会への不満もある程度は解消されるということでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/961-e0f008f3

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。