L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

新歓期の作家志望者のみなさんへ

新年度を迎え、いまは大学サークルの新歓期の真っ最中ということで、
駅前ではサークルの看板の下に集まる学生やら居酒屋で騒いでいる学生の姿を見ることが多くなっています。
このブログを読んでいる人にも新大学生やら、これから大学を目指す高校生もいることでしょう。
ということで今回は作家志望者のための大学サークル選びということで書きたいと思います。

まあ、まず作家志望でもそうでなくても共通していえることとして、とりあえず複数のサークルに入っておきましょう。
どうせそのうち合う合わないがありますし、人間関係でもめてやめざるをえなくなることもあります。
最初からひとつに絞るのはあまり賢明な判断とはいえません。体育会系に入部してもそうです。
実際、スポーツ推薦でもなければ体育会系は離部率は高いので、予備として楽に参加できるサークルを抑えておきましょう。
まあ、作家志望であるならあまり体育会系に所属しようなんて人はそう多くないかもしれませんが
森見登美彦さんなんかは京大射撃部出身だったりするのでまったくないとはいえませんから。

それといくつか選んだサークルの内ひとつは大手サークルに入っておきます。
たいていオールラウンド系(飲み会主体)とかテニスサークルとかですが興味がなくても一応入るべきです。
そうすると講義やテストの情報やらが比較的かんたんに手に入るんですね。
私が現役のときはそれを軽視したがためにテストの過去問題などを手に入れるのにえらく苦労したものです。
それと大きいサークルは情報がたくさん入ってくるので、どこがあやしいサークルかなんてことも教えてくれます。
特に興味が無いなら新興宗教系や学生運動系の活動には加わらないほうが無難ですので。

それ以外は自由に好きなところに出入りすれば、入学直後のしょっぱなから躓いてしまうこともないでしょう。
あと新入生でも早い人になると4月上旬にはもう彼氏彼女を作っているし、上級生はもっと手が早いですから
もし彼氏彼女がほしい人や、サークル内に気になる人がいる場合、5月のゴールデンウィークまでにはどうにかしないと
手遅れとなりますから、すぐに行動を起こさないと難しいかもしれませんね。

とはいえ、早々に別れてしまうカップルやオクテの子もいるので、夏休み、クリスマス前、そして来年の春なんかにも
チャンスはあるといえばあるので、創作活動と並行してめげずにがんばってください。
最大のチャンスは新3年生になったときの新歓期です。ここで上級生の男子ならほぼ確実にモテます。
モテないのはよほどダメなのか、あるいは女子の少ないサークルに所属してしまったがためでしょう。
このチャンスだけは逃さないほうがいいと思いますよ!

大学生(20代)のときの経験、特に恋愛経験はその後の創作活動にも大きく影響してゆくものなので
けっしておろそかにせず、また諦めることなく作家志望であるならあるほどがんばってみてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/973-1e4cc653

HOME
広告: