L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

ラノベ創作塾日誌~本当に自分の書きたいこと、わかってますか?

今回も最速!ラノベ創作塾の経過報告です。

先週と今週と王道、ベタについて塾生がどういう認識をしているのかなどについて探りを入れつつ、
どういう方向性を目指したいかといったところを模索して、それに適した指導をめざしていきました。

課題としては、ベタでいいから自分のやりたいことを明確にして、それをプロットなりキャラ設定にまとめて
それを提出してくれということでしたが……最初から意図をちゃんと理解してくれる塾生はいませんでした。
だからこそどう直すべきかを指導して再提出してもらったんですが、それでもうまくいかない人はいかないようです。

こちらとしては塾生であるあなたが「本当にやりたいこと、書きたいこと」を示してほしい。
そこを太字にするなりして自覚して書いていってくれということを何度も言っていたわけですが、
太字になっている部分をについて私が「これが本当に書きたいこと?」と質問しますと
「いえ、ちがいます」と回答されちゃうんですよね……
「じゃあ、どこにやりたいことが書いてあるの?」と質問し直すと、ここには書いてませんとか言われてしまうと
私としても閉口せざるをえないという事態になってしまい、指導が停滞してしまうことになります。

なぜこんな情けない事態になってしまうのか?
すごく大事な点なんですが「本人がわかってない」という致命的な理由なんだなとわかってきました。
実は「この作品で、作者であるあなたは何を書きたいの? どういうクライマックス、ヤマ場のシーンを読者に読ませたいの?」と
抽象的な質問をしても、どうも理解しかねるようで塾生たちはぽかんとしてしまうか
トンチンカンな返答をするかになってしまうわけです。
こちらで「あなたが本当にやりたいことはXXXXXじゃないの?」と誘導尋問してあげると
「はい、そんな感じです」みたいな返答が得られるわけですが、たぶん言われるまで本人はわかってなかったというか
ぼんやりと認識していただけで、自分のやりたいことを言葉として表現する力をまだ身につけていないんですね。

「自分のやりたいこと」を明確にするというのは基礎中の基礎なのですが、実はかなり高度な表現力を必要とします。
なので出来る人は言われなくても自然にできてしまうけど、出来てない人はなかなか理解するのも難しいようです。
事を進めるときには創作や執筆に限らず、自分が何を目指すべきかという目的と指針は必ず必要です。
とはいえ普段の日常生活においては、たいてい目的というのはわかりきっていたり他から押しつけられたりするので
自分で目的を考えるという経験は意外と少ないんですよね。でも創作はそれこそが最も大事なことのひとつなのです。

たとえば「ラブコメやりたい」とか「主人公の成長物語を書きたいです」ということが、
やりたいことを明確にすることだと誤解されてしまうのですが、これは「推理小説が書きたい」程度の
「ジャンルを絞った」だけでの話で「自分のやりたいこと」ではないということをわかってほしいです。
「どういう主人公たちで、どんなラブコメがやりたいのか」あるいは「主人公がどんな成長をする物語」なのか
少なくともそのあたりまではっきりさせないでは方向性が揺らいでしまって後々ブレブレになってしまうわけです。

塾生にも「どんなラブコメ」とか「成長って何?」とか質問してみると、たいていは考えてません。
なんとか言い繕うように漠然とした返答しかかえってこないんですね。
たとえば「美少女との恋愛をからめたラブコメ」とか「成長とは大人になること」なんて返答をされてしまうと
たいていの男性向けラブコメのヒロインは美少女だし、成長すればたいてい大人になりますよね。
で、突っこんで「どんな美少女?」、「大人になるってどういうこと?」と質問すれば、そこまで考えてませんと……

と、ここまで嘆き節になってしまいましたが、じゃあ、どうすれば改善できるかを最後に教えましょう。
今まで生徒を数百人教えてきて感じたのは、できない人ほど「深く考えない」ということです。
どういうことかというとキャラ設定で「困ってる人をほっておけない」と書くことで満足してしまうような人ですね。
少なくともこう書くなら、もう1段、できれば2段深く突っこんで書けるかどうかで実力がわかります。
「困ってる人をほっておけない」というなら「どうほっておけないのか」というところまで考えるのです。
同じ「ほっとけない」にしても「やさしく寄り添って見守ってゆくタイプ」もあれば「強引に介入してひっかきまわすタイプ」もあります。
で、この両者のちがいは全く正反対のキャラ設定であり、ストーリーを根本的に変えてしまう可能性があります。
なのに「ほっとけない」だけで終わらせてしまうというのでは、キャラもストーリーもどうとでも受け取れるわけですから
私がよく使う言葉として「これでは何も書いてないのと同じ」ということになります。
たとえるなら「どんな顔?」と質問されて「目が2つ、その中央に鼻があって、鼻の下に口があって……」みたいな
当たり前で特定するのにほとんど情報をもたらさないようなことを書いているようなものなんですね。
そこで「もっと深く、突っこんで説明して」と要求すると「鼻の下2~3センチに口があり、眉毛の長さは1センチ……」
といったトンチンカンな返答をしてしまう人が予想以上に多いんですよね。
こういう喩え話を聞けば、そんなアホはいないよと思うかもしれませんが
性格設定なんかを書いてもらうと10人中8から9人は似たような愚をおかしているので必ず我が身を振りかえってください。

とにかくキャラ設定のときは、とってつけた記号的な設定にとどまらず、より深く人間性を追求するところまでよく考えてください。
そして自分では深く人間性を追求したと思っていても、実は全く追求してないことが大半であることも理解しておきましょう。
ここまでできるようになったほんの一握りの人だけが小説を書く第一歩を踏みだしたことになるのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/984-ac6a844e

HOME
広告: