L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNOのご質問の回答(1)

日本ウノ協会あてに質問メールがたまに舞い込むのですが、今まで個別に返していましたが
同じことを考えている方も少なからずいるのではということから、質問への回答を公開でおこたえしようと思います。

【質問】
先日、UNOの公式ルール(チャレンジや一枚づつしか出せないなど)を覚え、とても楽しくプレイしております。
この公式ルールを覚えたことで、ハウスルールでプレイしていた頃より、非常にゲーム性が高まったと感じております。
そこでご教授願いたいことがございます。
一応調べてはみたものの、参考になるものが見つからず、ご連絡を差し上げさせていただきました。
よろしければ御回答お願いします。

質問なんですが、UNOの公式ルールにおいて、1人が残り枚数が減ってきたときに、状況にもよりますが、
戦略としあがらせないことを優先に考えるべきなのでしょうか??


それとも、必ずどんな状況にも運の要素が関わってくることを考慮して、
単純にあがられた時の点数を低くする努力を優先するべきなのでしょうか?
ある程度のレベルになると、素直な手札の出し方に対して、残りの手札のある程度の予想が立てられると思うのですが、
場の手札を暗黙の了解で他のプレーヤーが変えずに残り枚数の少ない人間に引き続けさせたりなど、
そういったテクニックなどもトッププレーヤーの間ではよくあることなのでしょうか??

統計的にみて、強いプレーヤーは存在するのか、また、レベルの高い試合とはどういったものなのか
ということを教えて頂けると嬉しいです。

【回答】
UNOの勝つための戦術としては、公式ルールでは得点によって勝敗が決まるため
自分がいかに多く得点するか、同時に他のプレイヤーの得点を低く抑えるかが基本的なプレーになります。

ですので自分があがれそうもないときは、いかに自分のマイナスを低く抑えるかが鍵となりますが
あがりそうなプレイヤーがその時点でトップを走っているときには、自分のマイナスを抑えるよりも
トップの人にはあがらせないようにして、かわりに得点の低い人を先にあがらせてしまうというのも戦術のひとつですね。
このあたりの駆け引きは『モノポリー』や『カタンの開拓者』など交渉のあるボードゲームやカードゲームでは
しばしば見受けられる戦術だったりします。(UNOではあからさまに交渉するのはルール違反なので注意!)
またウノによく似たゲームである『ドミノ』では、4人で向かい合った人同士がペアになって戦うことになるゲームもあって
そういうゲームでは自分だけではなく、いかにペアの相手をアシストして勝たせるかが重要になるゲームもあります。

そしてUNO自体はパーティーゲームですから、それほど深い戦術を駆使するほどの複雑さはないので
圧倒的に強いプレイヤーは存在しないのですが、基本戦術がわかっている人とわかっていない人でやった場合は
わかっている人のほうがかなり優勢になることは経験的に感じています。
ただし、あくまで数ディール行って最終的に得点を競う公式ゲームの場合のときであって
日本で一般的なローカルルールでよくある早上がり=勝利のタイプでは完全に運頼みになりますね。

このあたりの話は私が監修した『UNOの教科書』にも書かれていますので、ぜひ参考にしてください。





関連記事

コメント

ありがとうございました

from 質問者です
ご回答いただきありがとうございました。

とても参考になりました。これからもプレイしていきます。

ご回答いただき、ありがとうございました

from 質問者です
得点計算についても、国際ルールと日本ルールとで違いがあるようですね。
また、通常はパーティゲームの役割が大きいのですね。
非常に参考になりました。ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/992-ee8ff4ba

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。