L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ創作塾日誌~研究生来たる?

早いもので9月となり朝夕は涼しくなりました。きょうは重陽の節句です。
さて8月は夏休みということで自由参加ということで、参加するもしないも自由ということにしましたが
参加する人は毎回来るし、参加しない人は来ないということで明暗がわかれましたが
9月は平常どおり毎回参加がお約束ということになっています。

9月現在の塾生は、赤川くん、上野くん、遠藤さん、尾崎さんの4名が正規の塾生として登録されていますが
ここに来て、どうしても参加したいという希望者がいましたので、とりあえずAKB48ではないですが
まずは研究生みたいなかたちで参加してもらおうということにしました。
仮名は命名規則に則り「か」から始まるので影山くんとでもしましょうか。
研究生とはいえ1次選考通過経験があるということなので、もしかしたら実力的には一番上かもしれません。

やっぱり1次選考通過経験があるとないとでは、運がよかっただけではすまされない実力の壁があります。
ジャンプのバトル漫画なんかでもよくあるじゃないですか。
A級だとかB級だとか特に根拠があるわけでもなく決まっている階級がわかれてるアレと似ています。
そして主人公級のキャラクター以外は決してその階級の壁を越えられないことになっているわけですが
創作においても、1作2作では評価が逆転することもありますが、やっぱり10案も出すようになれば
コンスタンスに平均値が高いのは1次通過経験者なわけです。
そして2次通過者になるとどんな駄作プロットでも通過経験のない者の出してくる最高のプロットよりマシです。
これは長年教えてきた経験上、ほぼ例外がなかったことで、これが厳然とした実力差なんですね。

さて、この研究生の到来で、新しい刺激を受けて、互いに切磋琢磨してくれるとよいのですが、どうなるでしょうか?
そして8月は自由参加できたが、9月以降は平常活動になりますので、参加率があまりに悪い塾生は卒業もありえます。
やはり毎回参加が条件の最速!ラノベ創作塾というふれこみで募集していますからね。
なあなあになってしまい他の塾生までたるんでしまう避ける意味でも厳しくいきたいと思います。

そうそう、先週の進捗としては「物語の葛藤」の設定の仕方について詳細に説明していまして
今週(明日)の指導では、再提出となった葛藤シチュエーションについて添削を行うことにします。
先週、なんの指導もなしに課題で葛藤シチュエーションを書いてもらいましたが……やっぱりよくわかってないようで
このブログを読んでいる人でも実は体系的によくわかってない人も多いんじゃないかと思いますが
葛藤こそは物語において大きな比重を占める大事なファクターですので、その構図をよくよく見極めてください。
どういう点に着目すべきかなどは次回の更新のときにでも書いていこうと思っています。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/995-3c30bb46

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。